【SEED interview VOL.2】

creator channel」 SEED×甘木絞りデザイナー
◼︎HINOME〜日の目〜
   代表&デザイナー
西村政俊
●Instagram: hinome.amagishibori


初めて彼を知ったのはSNSで。
甘木の伝統工芸「甘木絞り」の企画で、
「生まれ育った町の伝統工芸を復活させたい!」

というプロジェクトのクラウドファンディングを
何気に見つけてしまった。
こんなオモシロイ人が甘木にいた!
いや、また甘木にいた!
結構、変人が多い町だ。(良い意味で)

彼を見つけて、即座に何も考えず、
facebookでコンタクトを取ってみたら、
快くお会いできた。
…というのが、コトのきっかけで。
その後プロジェクトの支援も上手くいき、
アトリエ工房も構えられたので、
後日お祝いに行ってきました。


SEED
アトリエオープンおめでとうございます。
西村くん
ありがとうございます。

SEED
ここまで到達するのに速かったね!
西村くん
いや、本当に周りに助けられて進んでいるという感じです。ホントありがたいですね。

今、作っている作品は主に、
・クッションカバー
・ランチョンマット
・テーブルランナー
・てぬぐい
・ スカーフ など。
それらの作品をゆっくり紹介させてもらいながら、
インタビューに応じてくれた。

SEED
まず改めて、なぜ甘木絞りをやろうと思ったと?

西村くん
東京でアパレルの仕事をしていたんですけど、
それから福岡に帰ってきて、
久留米絣(くるめかすり)のお店で働くことになって。
その時働きながら、
「伝統工芸っていいな…」と思い始めて、
自分の地元で探してみたら、甘木絞りをみつけた。
それまでは地元民なのに全く知らなくて、
その事を両親とかとも話したりしてみると、
「これは残していった方がいいのではないか」
という事になってきたのが始まりです。

SEED
なるほど。最近、久留米絣も色んなところで見られるよね。
そこでまたどういった経緯で
クラウドファンディングを使おうと思ったと?
西村くん
ある日、友達に誘われた「男呑み」っていう
飲み会に参加した時、その中の人から、
「まずは行動した方がいいよ!」と
アドバイスをもらってから、後は勢いで、
「クラファンやろー!」となりました。
以前からクラウドファンディングは気になっていて、何か活用できないかな、などと普段考えてたので。
元々、「動き出してから考える。とりあえず動く!」タイプでして。
SEED
そこ。そのスピード感がオモシロイよね。
僕もクラウドファンディングは以前から
興味はあったけど、人の話なんか聞いたり、
情報を色々と調べたりするとやっぱり、
「意外に難しいよ」ってことになる。
そこでまず止まってしまうっちゃんね。

--実はこんな風に話しながらも
伝統工芸にクラウドファンディングを当てるという感覚と行動力に僕はかなり嫉妬しています。
歳をとりたくないとはこのことだ…。
SEED
これからHINOMEをどう進めていきたいですか?
西村くん
まずは甘木絞りを産業として復活させたい。
その中で甘木の活性化に繋がればと思ってます。
これはホームページにも書いているんですが、
伝統工芸は文化的側面を重視し過ぎて、
廃れていくケースが多いんです。
僕は産業として残していくことを重視していきたい。
--いや、このコメントはカッコ良過ぎる。
僕はその甘いマスクにカッコ良過ぎるコメントは
求めてないのでカットしようとも考えたが、
本音で強い思いを語ってくれたので、
今回はそのまま記載します。^ ^

※確かにホームページに熱く書いてありました。
甘木の伝統工芸「甘木絞り」。 
彼と話していると、
「この伝統を守っていきたい!」

という強い思いはもちろんだけど、
その裏に、実は…
「俺がこの伝統をぶち壊して
    新しく立て直してやる!」

という密かなワルダクミを
なんとなく勝手に感じてしまう。
(本心は知らないですよ、僕が感じてるだけ)
それが見え隠れする振り幅に、
彼の魅力を感じているのかもしれない。
いつかSEEDとHINOMEで
何かやるのか、やらないのか…。
ただこんな活動を身近にみてると、
こっちがワクワクしてきます。



バックナンバー
VOL.1  ミネサキユキコ